`

受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

横浜中学校 ●9月16日(金)

確かな学力を養成して豊かな人間性も育み、社会に貢献できる人材を育成

 「信頼を受くる人となれ」「責任を重んぜよ」「秩序を守れ」の三条と、「誠意」「総力」「努力」「創造」「忍耐」の五訓、「三条五訓」を教育理念として掲げる横浜中学校・高等学校は、生徒一人ひとりの個性を尊重した学習指導と人間教育を実践しています。また、高校の硬式野球部の活躍で知られている同校ですが、難関大学をめざす6か年一貫コースの生徒たちも、部活動においてさまざまな大会で活躍。全国大会3位の実績を持つ中学剣道部、全国大会の団体戦で準優勝した将棋部などがあり、文武両道の学校です。

 校長の葛蔵造先生は「確かな学力を養成する一方、豊かな人間性を育み、バランスの取れた、社会に貢献できる人材を育成します」と話します。そのために同校が展開しているのは、大学卒業後を見据えた、将来、一人の社会人として活躍することを念頭に置いた教育です。

 まず学習面では、自学自習の習慣を定着させるとともに、定期的に実施する小テストで成績が振るわなかった生徒に対しては、指名制の個別補習を行い、遅れを見逃さないようにしています。その一方で、成績上位の生徒に対しては、外部から教員を招いた「アドバンス講座」(有料)を実施。さらに、難関大学をめざす生徒には「トップ講座」を開講して、学習と受験に対するモチベーションを高めています。また、中学生は18時まで、高校生は21時まで利用できる個別自習室を用意し、そこでは現役大学生OBのチューターが学習をサポート。このように、生徒一人ひとりの学力に応じたきめ細かい指導を徹底していることが特徴です。

 続いて、人間力を高めるための取り組みである「LIFE」についても紹介しました。これは「Life Design Program(ライフデザイン教育)」「International Education(国際教育)」「Feeling & Emotional Education(情操・体験教育)」「Expression & Communication(表現・コミュニケーション教育)」の頭文字を取ったもの。たとえばライフデザイン教育では、自身の適性について考えるようなワークシートに取り組んだり、保護者による職業講座に参加したり、卒業生によるパネルトークを開いたりします。こうした教育を通じて生徒一人ひとりに自分の個性や適性に気づかせていくとともに、職業についても深く考えさせて、進路選択の一助としています。そして、国際交流では、中2・3を対象としたカナダ海外研修や、高2の3学期を利用した3か月間のニュージーランド短期留学など、新しい価値観に触れて視野を広げていくさまざまな機会を設けています。

 入試では、「『どのくらい書こうとしているか』という努力の形跡も見ている」そうです。説明会終了後、参加者は校内をじっくりと見学。在校生に学校生活の感想も聞いていました。


京浜急行「能見台」駅からほど近いキャンパスは豊かな自然に囲まれ、校舎やグラウンドがゆったりと配置されています
http://www.yokohama-jsh.ac.jp/ 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ