`

受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

淑徳与野中学校 ●9月27日(火)

仏教主義による情操教育と、夢を実現させる進学指導を徹底

 尼僧・輪島聞声(もんじょう)氏が、1892年に小石川伝通院境内に開設した女学校を祖とする淑徳与野中学高等学校。「女性の淑徳(よい徳を身につけること)」を養成するという教育方針の下、県内有数の女子進学校として発展してきました。昨年、これまで中学校とは別の場所にあった併設高校が隣接地に移転し、中高一貫校としての連携をさらに深めた学習環境が整いました。

 この日の説明会において副校長の黒田貴先生は、同校の教育の柱である「心の教育」「国際教育」「進学指導」の三つを紹介。なかでも、「高い品性を養うための心の教育を最も大切にしている」と話しました。続けて「創設以来、受け継がれている仏教主義の根底にあるのが『おかげさま』の精神です。人間は誰もが独りでは生きていけません。だからこそ生徒には、家族や友人など、周囲への感謝の気持ちを忘れないでほしいと伝えています」と説明しました。

 そうした仏教における「共生」を大切に思う精神は、国際教育にも反映されています。同校では、「日本を知り、隣人を知る」ことを目的に、中2では台湾研修旅行を、中3では京都・奈良修学旅行を実施。台湾研修旅行では現地校との交流会があるため、中1では年間14回ある土曜講座において中国語講座を必修としています。「広い世界に飛び出す前には、まず自分の立ち位置を知ることが大切。隣人を知ることでアジアの一員であることを肌で感じてもらいます」と話す黒田先生。イギリス短期語学研修(中3)、アメリカ西海岸修学旅行(高2)といったプログラムのほか、高校進学時に希望することのできる3か月間の海外短期留学を組み込んだインターナショナルコースについても紹介しました。

 「進学指導」については、中高一貫教育のメリットである先取り学習を実施しています。中3から高校の内容に入るため、高校からの入学者とは別クラス編成になりますが、「6クラス分の約240名の生徒が新たに入学してくるので、一貫生にとっては大きな刺激となっており、学習や生活の両面でモチベーションアップにつながっている」そうです。

 学校生活については中等部部長の小澤幸子先生が、朝読書に熱心に取り組んでいることや部活の加入率が100%に近いことのほか、給食(中1は週2、中2・3は週1)やカフェテリアでの昼食の様子について紹介しました。また、学習指導については、授業の予習復習を中心に、平日2時間、休日4時間の家庭学習に取り組ませているとのこと。さらに主要教科においては、確認テストをこまめに行い、合格点に達しない場合は再テストや補習を繰り返して、理解不足を放置しない指導を徹底しています。一方、キャリア教育については、職業体験やOGによる大学キャンパス案内に加えて、「印象に残った経験を振り返る」ことを発端に、生き方を考えるプログラムも実施しています。こうした指導によって、今春の卒業生の多くが、東大やお茶の水女子大、早慶をはじめとする難関私立大などに現役で合格。医歯薬系の学部への合格者も増えているそうです。

 2017年度入試は、1月13日と2月4日の2回です。試験時間については、両日程ともに、これまで算数・国語が各50分、理科・社会が合計50分でしたが、2017年度は、このうち1月13日の第1回について試験時間が変更となり、算数・国語が各60分、理科・社会が合計60分と、それぞれ10分ずつ延びます。「第1回では思考力・判断力・表現力を問う問題を増やすため、時間を延ばす」とのことです。第2回に変更はありません。なお、配点については両日程ともに、算数・国語が各100点、理科・社会が各50点となっています。


「自然との共生」がテーマのエコキャンパス。高校があった敷地には、この春、近代的なグラウンドが完成し、平日には部活動のために校舎からスクールバスが出ています
http://www.shukutoku.yono.saitama.jp/junior/ 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ