`

受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

大宮開成中学校 ●10月26日(水)

生徒一人ひとりを大切にするきめ細かい指導を実践し、学力と人間力を鍛える

 大宮開成中学・高等学校は、校訓「愛・知・和」の下、21世紀を担う国際感覚豊かなリーダーの育成をめざし、生徒一人ひとりを大切にするきめ細かい指導を実践。東大をはじめとする国公立大学や、難関私立大学と医学部への合格実績を着実に伸ばしています。今春には、約200席の個別ブースを備えた自習室や、生徒間の学び合いやディスカッションの場となる「ラーニングコモンズ」を備えた新図書館が完成しました。

 説明会の冒頭で教頭の松﨑慶喜先生は「まずは最近の生徒の様子をお伝えします」とあいさつし、高1生を対象としたオーストラリアでの9泊10日の海外語学研修の様子を紹介しました。現地では、生徒はホームステイをしながら、オーストラリアの研究重点大学の一つであるモナシュ大学に通います。大学では英語で授業のほか、オーストラリアの歴史や先住民族の文化を知る体験プログラムにも参加するそうです。そのうえで、現地で学んだことを、開成祭(文化祭)や開成文化週間で発表します。

 こうした取り組みに代表されるように、同校では、体験したことを自分のことばにまとめ、他者に伝えるプレゼンテーション力の育成にも注力しています。さらに、中学においても、プレゼンテーション力を鍛える機会として、英語スピーチコンテスト、日本文化を学ぶ京都・奈良校外研修旅行(中2)、国内で外国人と触れ合う2泊3日の国際交流キャンプ(中3)などを用意しているそうです。

 続いて、クラス編成や教育内容の説明に移りました。同校には、「英数特科」「特別進学」という二つのクラスがあります。このうち「英数特科」は、最難関大学・医学部現役合格を視野に入れたカリキュラムを展開するとともに、英語と数学については中学段階から発展的な内容を扱う「特科補習」も実施。意欲的な生徒の知的好奇心を刺激し、自学自習に取り組む姿勢を養いながら、学力を高めています。

 また、どちらのクラスも中2までに中学の内容を学び終えますが、「公立校の約1.5倍の授業時間を確保しているので、無理なく先取り学習を行っている」とのことです。さらに、帰りのホームルームで確認テストを行い、合格点に達しない生徒に対してはサポート授業(補習)も実施しています。このほか、長期休暇中の講習や、土曜日に行う予備校講師によるライブ授業などを紹介した松﨑先生は、「大学進学についてはしっかりしたサポート態勢を敷いているので、ご安心ください」と強調しました。

 最後に校長の山中克修先生が登場し、中高一貫の進学校を選択する意義について、「人間力を鍛えられることにある」と話しました。同校は生徒に対し、クラブ活動や委員会活動へ積極的に参加するよう促していますが、多くのクラブ活動や文化祭・体育祭などは中高合同で行っています。山中先生によると、「6学年にわたる縦のつながりができるのも中高一貫校の大きな魅力。身近な先輩にあこがれて努力することが、大きな成長につながる」とのことです。そして「『先輩から学ぶ』『後輩を指導する』というのが本校の伝統です」と締めくくりました。


2階建ての新図書館のほか、中学専用運動広場、三つのグラウンド、総合体育館、音楽専用練習棟など、運動施設も充実しています
http://www.omiyakaisei.jp/ 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ