`

受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

  • Top
  • 学校情報
  • 明治大学付属中野中学校:学校説明会レポート

学校説明会レポート

明治大学付属中野中学校 11月14日(月)

新校舎は2017年に完成予定。最新の設備・施設のなかで豊かな学びを実践

 建学の精神に「質実剛毅・協同自治」を掲げる明治大学付属中野中学校・高等学校は、3校ある明治大学の付属校のなかで唯一の男子校です。生徒一人ひとりの「知・徳・体」をバランス良く鍛えることを教育方針とし、大学進学に向けた学力と社会で必要となる生きる力をしっかりと養成し、生徒が「なりたい自分」を見つけられるようサポートしています。

 この日の説明会は、2016年3月に完成したばかりの櫻山ホールにて行われました。同校は2009年に創立80周年を迎え、その記念事業として2013年5月から校舎の全面的な建て替えを行っています。2014年8月に中学棟が、2016年3月に高校棟が竣工。2017年8月には食堂や図書館などが入る共用棟が、10月には講堂を兼ね備えた第2体育館が完成予定で、2018年1月の人工芝グラウンド完成をもって、すべての工事が完了する予定です。

 以上の内容を学校紹介DVDで確認した後、学校長の大渡正士先生が教育方針について説明しました。同校では「みんなで仲良く、正直に、真面目に、精一杯努力しよう」を学園の合言葉としています。長い時間を過ごす学校での円満な人間関係を築くために、生徒たちには「あいさつをする」「時間やルールを守る」「学生にふさわしい身だしなみを心がける」の三点を大切にするよう指導しており、「特に頭髪については月に1度の指導を行い、学校の規則を守るよう促しています」とのことでした。

 続いて、入試広報委員長の海老澤貞行先生から、学校生活全般についての説明がありました。中学は1学年約240名の6クラス編成で、「みんなでじっくり、ゆっくり学ぶ教育」を実践。ネイティブの教員による英会話の授業はクラスを二分割して行い、「読む・書く・聞く・話す」の4技能をしっかりと伸ばしています。また、実技教科もバランス良く履修し、将来の選択肢を狭めないよう配慮しています。

 高校からはさらに約165名が入学し、1学年約400名の10クラス編成となります。卒業生のうち、明治大学に内部進学するのは約300名で、彼らは大学受験がないメリットを生かして、部活動に打ち込み、またさまざまな検定試験にもチャレンジしています。内部進学については、高校3年間で14回行われる定期評価と、明治大学推薦テストの成績とを合わせた「総合成績」で判定されます。2016年度の卒業生で明治大学に推薦入学したのは295名。国公立大学へは11名、他の私立大学へは59名が進学しています。

 最後に海老澤先生は、「本校では人柄をとても大切にしています。わたしたちは勉強の成績だけでは生徒を判断しません。生徒たちにしっかり学力をつけてもらうのと同時に、彼らが社会に出たときに、他者と尊敬し合える関係を築くことができるかどうかを重視しています」と結びました。


正門はこの11月に完成したばかり。2018年にはすべての施設が完成します
http://www.meinaka.jp/ 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ