`

受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

淑徳中学校 11月15日(火)

大学入試改革を見据えて、「Sプロジェクト28」がスタート

 1892年に教育者の尼僧・輪島聞声(わじまもんじょう)先生によって設立された淑徳女学校を前身とする淑徳中学校・高等学校は、仏教による情操教育を実践しながら、「進みゆく世におくれるな、有為な人間になれ」をモットーに、近年では男女共学化、国際教育の充実といった改革を進めるなど、時代に即した教育を続けています。

 説明会であいさつに立った校長の三嶋宗保先生は、同校の沿革に触れながら、「創設者が大切にした先見性と共生の心を『淑徳フィロソフィ』として受け継ぎ、高い知性と豊かな人間性を併せ持つ人材を育成しています」と話しました。続けて、今年度から「Sプロジェクト28」を開始したことを説明。これは、英語のハイレベルスプリングキャンプや、ワークショッププログラムによって、2020年度以降の改革された大学入試で必要とされる英語力や、思考力・表現力を磨くものです。三嶋先生は「本校は活力を持って、常に前に進みながら教育環境を整備している学校です」と結びました。

 具体的な教育内容の解説は、副校長の湊広賢先生が担当しました。コース編成については、中学入試段階で「スーパー特進東大選抜(セレクト)コース」と「スーパー特進コース」に分かれます。その後、進級時にコースの入れ替えを行いながら、高校からは「特進選抜コース」「留学コース」を加えた4コースになります。

 スーパー特進東大選抜コースの授業については、深度を大事にしながら、ディスカッションなども含めて行うのが特徴です。また、語学力と国際感覚を磨くのは全コース共通ですが、スーパー特進東大選抜コースの中3は、7段階あるGTECスコアで上から3番目の「グレード5」を記録するほどの実力をつけている生徒もおり、これは「海外の高校の授業に参加できるレベル」とのことです。一方、留学コースについて、留学の期間は1年間ですが、休学なしで卒業することができます。留学先については、4か国25校のなかから選ぶことができます。

 学習サポートについては、「今・未来手帳」や確認テストなどを活用して自己マネジメント能力を育み、学習の基本サイクルを定着させます。そのうえで、フォローアップのための放課後ゼミ、長期休暇中の講習などを通じて、学力の定着・伸長を図っています。

 2017年度入試については、出願はWebでの受け付けとなります。「スーパー特進東大選抜コース」と「スーパー特進コース」は日程も試験問題も異なるので、スライド合格はありませんが、「スーパー特進コース」の複数回受験者には加点(2回目受験は10点、3回目受験は15点)があることが伝えられました。

 説明会終了後、参加者は校内見学へ。廊下に面した壁がガラス黒板になっている教員室、およそ50人分のPCスペースと自習席を用意した自習室兼ICT教室、電子黒板やプロジェクターを完備したイングリッシュ・スタジオなど、充実した施設を見て回りました。


「次世代対応型校舎」をコンセプトにした校舎。2017年春には第2体育館などの改築が完了する予定です
http://www.shukutoku.ed.jp/ 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ