受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

森村学園中等部

2017年6月19日(月)

校訓「正直・親切・勤勉」を柱に、真に社会に役立つ人材を育成

 日米貿易の先駆者である森村市左衛門翁によって、1910年にまず幼稚園と尋常小学校が設立された森村学園は、「独立自営」の精神を備え、校訓「正直・親切・勤勉」を行動指針とする、真に社会の役に立つ人間の育成をめざしています。

 あいさつに立った学校長の髙橋敬三先生は、「グローバル化が進む現代では、自分の目標を自分で見いだして実践する『主体性』、多様な人々とのインタラクション(相互作用)を図る『多様性』、他者と協働して学び合う『協働性』が求められます」と話しました。

 続いて、それら三つの姿勢を育むための基礎となる判断力、思考力、表現力を高める「言語技術教育」を紹介。これは、「根拠を示してみずからの意見を明確に伝える」という「ランゲージアーツ」のスキルを磨く授業で、認知・思考・表現における普遍的な型を学びます。この授業は中等部の3年間で計90時間程度行われ、生徒からは「書きたいことを頭の中で整理できるようになった」「とっさの場合でも感想や意見をわかりやすく言えるようになった」との声が寄せられているそうです。

 このほか、社会科で長年取り入れている世界史と日本史を融合した「合科目型」の授業形態についても説明した髙橋先生。「この授業は、アクティブ・ラーニングと同様のものであり、2020年度以降の大学入学共通テスト(仮称)で求められる高い思考力やコミュニケーション力に、十分対応できる取り組みとなっている」と強調しました。

 学習面については、中学の早い段階で、自学自習の習慣を確立することを重視しています。このため、中1・2では、毎日2時間以上の家庭学習の習慣が身につくように、一人ひとりの理解度に応じながら、適度な負荷を与えていく学習指導を徹底。さらに補習・補講の機会をたくさん設けて、生徒の主体的な学びをサポートとしています。髙橋先生は「『生徒のわからないを見逃さない』指導を徹底して、一人ひとりの学習意欲を引き出しています。また、国公立大学、難関私立大学への進学をめざし、みずから進んで学習する先輩の姿に後輩たちは触発されて、『自分もがんばろう』と努力しています。加えて、特待生制度もモチベーションアップになっているようで、生徒たちは日々、切磋琢磨しています」と語りました。

 続いて、入試広報部長の小澤宗夫先生から、学園の概要、国際理解教育、入試についての説明がありました。校風について「アットホームな雰囲気」と表現した小澤先生は、「卒業生たちから、『ありのままの自分で過ごせる環境だった』と言ってもらえたことがうれしかった」というエピソードも紹介しました。また、特色として挙げたのが、進路指導と進学指導を分けて考えていることです。「生徒自身に将来の方向性を探らせ、そのうえで自己実現のために学力をつけるよう指導している」とのこと。目的意識を強めた成果は、進学実績にも着実に表れており、今年は医学部医学科に16名(国公立4名含む)の合格者が出ました。

 国際理解教育については、一般教科を英語で学ぶ「放課後イマージョンプログラム」のほか、オーストラリア、ニュージーランド、地中海のマルタ島を訪問する研修旅行を実施。そこではディスカッションやプレゼンテーションに数多く取り組み、語学力に磨きをかけているそうです。

 2018年度入試については17年度同様、2月1日午前、2日午前、4日午前の計3回行われます。

イメージ写真
21の部活動があり、中高合同で活動する部もあります。全国大会での実績を誇る新体操部をはじめ、管弦楽部なども活躍しています

http://www.morimura.ac.jp/ 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2018スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ