受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

恵泉女学園中学校

2017年6月27日(火)

創立88年の伝統を受け継ぎ、世界に目を向け、平和を実現する女性を育てる

 恵泉女学園は、第一次世界大戦を経験したクリスチャンの河井 道が、1929年に自宅を開放して始めたキリスト教主義の学校です。「世界に目を向け、平和を実現する女性を育てる」ことを目標に、聖書・国際・園芸を柱に据え、生徒の知性・感性・社会性を育む教育を現在も守り続けています。

 学校生活を紹介するDVDの上映に続いて登壇した校長の加藤英明先生は、同校の教育理念を楕円(オーバル)にたとえながら、「人間教育と進路実現を二つの焦点に据え、その二つがつながることで、“生きる力”を育むことができる」と話します。そして、その理念を支えるものこそが、創立以来変わらぬ三つの教育基盤「聖書(毎日の礼拝を通じて自分の存在を考える)」「国際(平和に裏付けされた価値観をもって他者を理解する)」「園芸(身近な命を慈しむ心育む)」であると示しながら、学校として育てたい生徒像を「みずから考え、発信する力を備えた女性」とし、「“21.5世紀”を生き抜くために、創造的な発信力や多様性を受容する力、チームワーク力、論理的思考力・判断力・表現力、ツールとしての英語力を養う取り組みを進めています」と話しました。昨年度からは理系分野での新たなプログラムも始動。理科の授業では具体的には、生徒自身が興味のあるテーマを選択して、実験、考察、プレゼンテーションまで行うグループ学習の「理科探究実験」を取り入れ、課外活動の「サイエンスアドベンチャー」では継続的な研究に取り組むことによって、探究心と科学的思考力の強化を図っています。

 教育内容の特徴については、副校長の本山早苗先生が説明します。最初に、「自立した女性」を育てるための教育を「考える恵泉」として紹介。「創立以来、制服を定めず、自由服登校としているのも、個性を尊重する方針から。TPOをわきまえた的確な装いを選ぶことが自立の一歩でもあります」と話します。また、毎朝25分間の礼拝では、生徒が持ち回りで、自分の思いを素直に語る「感話」を行っています。「友の話に耳を傾けることは多様な価値観に触れる絶好の機会であり、事前に書く『感話』原稿は小論文対策にもなります。発表は各人に、年に3回、回ってきます」とのことです。また、こうした批判的思考力や創造的発想力を鍛える教育の象徴ともいえる施設が、校舎1階にあるメディアセンターです。蔵書数9万冊の図書館や可動式デスクを配した学習室、二つのコンピューター室などが一体になった空間で、自立的学習や調べ学習、国語の授業で行うディベートなどに活用されています。

 もう一つの大きな特徴である英語教育「英語の恵泉」については、クラスを2分割しての少人数クラスできめ細かく指導しています。中高ともに検定教科書を主に使用しているのは、「内容量過多による消化不良を起こさないよう、まずはベーシックなもので基礎をしっかり固める」ため。力がついてきたところで応用教材を併用したり、メディアセンターを利用したり、多読の指導を行ったりしてレベルアップしていきます。さらに、単元ごとに行われる小テストでは「直しノート」を作成。自分の間違いを分析し、解説を付けたものに教員の添削を受けることで、理解を深めます。

 こうして培った英語力を応用・運用する機会として、ネイティブによる英会話授業や、英語スピーチコンテスト、カリフォルニア大学等から女子学生を招き、交流を通じてコミュニケーション能力の向上をめざす「エンパワーメント・プログラム」などを用意。さらに高1・2の希望者を対象とした17日間の短期留学(アメリカ、オーストラリア)、3か月の中期留学(オーストラリア)、1年間の交換留学(オーストラリア)といったさまざまな留学システムも設けています。

イメージ写真
泉のある中庭を囲むように配置された校舎は、木材が多く使われ、明るく居心地の良い空間。メディアセンターや理科特別教室など設備も充実しています

http://www.keisen.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ