受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

巣鴨中学校

2017年9月4日(月)

2月4日にⅢ期入試を実施。社会では記述問題を出題予定

 巣鴨中学校は、日本の代表的な哲学者であり、社会学の祖と仰がれた遠藤隆吉博士によって1910年に創立された私塾「巣園学舎」を前身としています。以来、「努力主義」を重んじる校風の下、「硬教育」を実践し、学界や実業界、政界、医学界など多方面で活躍する人材を数多く輩出しています。

 あいさつに立った堀内不二夫校長は、同校の卒業生です。在校当時の思い出話を交えながら、「大菩薩峠越え強歩大会」「巣園流水泳学校」「早朝寒稽古」といった心身の鍛錬につながる伝統行事を紹介しました。続けて「中高6年間は人としての土台作りの期間です。ここでの経験が人生において大きな糧となります。だからこそ、本校の生徒には何事にも一生懸命に挑戦して努力を積み重ね、人間性を高めたうえで、自分の夢をかなえてほしいと思います」と語りました。

 次に2018年度入試の説明がありました。同校はこれまで、Ⅰ期入試(2月1日)、Ⅱ期入試(2月2日)の計2回の入試を行っていましたが、18年度入試ではこの2回に加えて、2月4日にⅢ期入試を実施します。全体の募集定員(240名)に変更はなく、Ⅰ期・Ⅱ期が各100名、Ⅲ期が40名となっています。試験科目もこれまで同様、3回ともに4科です。また、入学手続きの締め切りは、Ⅰ期は2日、Ⅱ期は3日ですが、出願時に希望すればⅢ期と同じ5日に延長できます。

 入試問題については、国語は漢字の書き取り10問と長文読解を2問出題します。長文読解は論説・説明文と随筆文を扱い、小説や詩・短歌は出題しません。記述問題は合計で100~200字程度で解答し、部分点も与えられます。算数は大問5題で、1から3は数量と文章題、4は平面図形、5は立体図形という構成。各大問には小問が三つずつあり、それぞれに式を書く欄が設けられ、部分点を与えるとのことです。

 一方、理科は大問4題で、物理、化学、生物、地学からバランス良く出題。物理と化学は計算力や思考力を見る問題が中心で、生物と地学は知識問題が中心です。社会は50点満点のうち、地理と歴史が各20点、公民が10点という割合です。選択問題が中心ですが、今年から記述問題も出題する予定とのことで、「人名や都道府県名などを解答する問題は、漢字をひらがなで書くと誤答になる」ことも伝えられました。

 近年、力を入れている英語教育と国際教育についても説明がありました。まず、中1・2の英語では、ネイティブと日本人の教員にチームティーチングの「コミュニケーション」の授業を行い、早い段階から話す力を伸ばしていきます。また、中3・高1を対象にオンライン英会話を実施しており、海外のネイティブ講師と1対1で会話し、語学力に磨きをかけています。

 国際教育については、イギリス・イートン校でのサマースクールや、オーストラリアでのホームステイなどを用意。このうち、現地で3週間を過ごすイートン校のサマースクールは、毎年、中3~高1の希望者から選抜された40名が参加しています。世界有数の名門校での生活は発見の連続で、人との出会いも刺激的。そんな交流を通じて参加した生徒たちは、「『もっと英語がわかれば楽しいのに』と、語学力向上に対するモチベーションを高めている」とのことです。

 そして、こうした成果を踏まえ、「同様の体験を、下の学年や参加できなかった生徒にも味わってもらいたい」との思いから、今年より新たに立ち上げたのが、夏休みに長野県の巣鴨学園蓼科学校で行う5泊6日の「巣鴨サマースクール」です。1年目の今回は、中2・3の40名が参加し、現役外交官をはじめとするイギリス人講師6名と一緒にスポーツをしたり、現代政治について語り合ったりしたそうです。さらに、今年度から高1の希望者を対象に、3学期の約3か月間をアメリカ、カナダ、オーストラリアのいずれかの学校で過ごす「ターム留学」もスタートします。このように、生徒の視野を広げて国際感覚を磨くプログラムが充実しているのも、同校の大きな特色といえます。

イメージ写真
2015年8月に完成した新校舎には、人工芝のグラウンド、卓球場や屋上テニスコートを備えたギムナシオン(体育館)、カフェテリア(食堂)などの施設がそろっています

https://sugamo.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2018スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ