受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

自慢のキャンパス

星野学園中学校

全員に「活躍の場」がある 文武両道のキャンパス

メインビジュアルメインビジュアルメインビジュアル
1中学校舎 2‌3000人の収容が可能な星野ドーム。日差しをさえぎり、風が抜けるため、真夏でも快適に練習できます 3ベーゼンドルファーインペリアル(手前)、スタインウェイD型(奥)の2台のピアノを備えたハーモニーホール

施設・設備を整え 情操教育を展開

 星野学園の教育の柱は、「習熟度別学習指導」「国際人教育」「情操教育」の三つ。中学校は理数選抜クラスと進学クラスに分かれ、さらに数学と英語に関しては、生徒一人ひとりのレベルに合わせて、クラスを超えて授業を行います。また、ネイティブスピーカーによる「オーラル・コミュニケーション」の授業や、中3の全員がホームステイを修学旅行で体験し、語学力を育むとともに、国際社会への関心を高めます。
 そして、三番目の柱に「情操教育」を掲げているのは、中高6年間を「豊かな感受性や好奇心を育み、将来の目標を見つけて、新しい自分に出合う大切な時期」と位置づけているからです。体育祭や文化祭のほか、合唱祭、芸術鑑賞会などさまざまな行事、約50あるクラブ活動を通じて情操教育を展開しています。
 そのための施設・設備も万全です。広大な第1グラウンド・第2グラウンド、雨や日差しを避けられる屋根付きのグラウンド(星野ドーム)、テニスコート(5面)、二つの体育館、屋内温水プール、弓道場、60畳もある礼法室。海外の一流オーケストラが演奏する一方、クラスの絆を深める合唱祭の会場ともなるハーモニーホールは1500席あります。
 高い進路実績と全員参加の部活動、行事を両立するための施設・設備が充実しており、生徒全員に「活躍の場」があります。中高6年間を通して生徒自身の本気を引き出す環境が、このキャンパスにはあります。

下の写真はクリックすると大きくなります

4

5

6

7

8

9

10

11

12

4校舎に隣接した二つの広大なグラウンド 5サッカー部の練習風景 6バスケットコートが2面取れる第2体育館。器械体操用具やトレーニングマシンも備えています 7弓道場 8採暖室を備えた温水プール。床は上下可動式です 9レゴロボットを使ったプログラミング講習 10全教室にプロジェクターが完備。教室では修学旅行の事前学習が行われていました 11昼食のほか、アクティブ・ラーニングでも利用する生徒ホール 12茶道部や百人一首部、筝曲部が利用する礼法室 13照明付きテニスコート

13

星野学園中学校

〒350-0824 埼玉県川越市石原町2-71-11
TEL:049-223-2888

学校説明会(要予約・上履持参)
10月7日(土)、10月29日(日)、11月19日(日)、12月10日(日)
いずれも10時から。10/7は公開授業、10/29・11/19・12/10は受験生対象の
入試対策講座(過去問解説)があります。詳細はHPに掲載

ページトップ このページTopへ