受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

  • Top
  • 学校情報
  • 東京都市大学付属中学校・高等学校:SCHOOL LIVE!

SCHOOL LIVE! スクールライブ!

(2011年10月掲載/2016年04月改訂)

東京都市大学付属中学校・高等学校/数学・理科の体験授業が豊富にそろう 「オープンスクール」

 今回ご紹介するイベントは、東京都市大学付属中学校・高等学校の「オープンスクール」です。豊富な体験プログラムを取りそろえて子どもたちを楽しませたほか、学校説明会や個別相談の実施など盛りだくさんの内容。昨年度は大盛況となり、来場者数は1800名を超えました。説明会や体験授業での在校生の活躍も印象的で、子どもたちにとっても、保護者の方にとっても、同校の素顔を知るうえで絶好の機会となりました。
 平成28年度も6月19日(日)に開催を予定しております。

授業体験とクラブ体験など、豊富なプログラムを準備

 併設する武蔵工業大学が、5学部を擁する東京都市大学に生まれ変わったのが2009年の4月。それに伴い、武蔵工業大学付属中・高から現校名に改称しました。2006年に完成した校舎は、一つのフロアに6つの実験室を備えた通称「サイエンスモール」をはじめ、プレゼンテーション演習などで利用するシアター、自然エネルギーを有効活用した設備などが充実しており、毎日、恵まれた学習環境を生かした教育が展開されています。また、大学付属校でありながら、他大学進学を希望する在校生が多いことも特徴の一つ。一人ひとりの多様な進路希望の実現をめざしています。


模型や運転シミュレータの操作ができる鉄道研究部のクラブ体験。みんな時間を忘れて夢中で取り組みます

 そんな同校の教育内容やスクールライフを理解してもらおうと、今回のイベントには授業体験とクラブ体験など豊富なプログラムが用意されました。子どもたちはそのなかから二つのプログラムに参加することできます。さらに、クラブ体験はもちろん、技術や理科実験といった一部の授業では、在校生も指導に当たります。子どもたちにとっては、これも貴重な体験だったのではないでしょうか。

 編集部が最初に見学したのは、クラブ体験のプログラムです。特に人気だったのは鉄道研究部。教室に入ると、部員が車掌になって乗車券を発行してくれるなど、気分を盛り上げます。模型や運転シミュレータの操作には順番待ちの行列ができるほど、子どもたちは夢中になっていました。このほか、人工芝のグラウンドでフットサルを楽しむサッカー部体験や、自分だけのお皿を作る美術部の陶芸体験に参加した子どもたちも、時間を忘れて熱心に取り組んでいました。


数学「校舎の高さを測ろう」では、三角定規に貼り付けたストローの穴を、校舎の頂上に合わせて測量します


美術の体験授業では、ハンカチの藍染めを通して、染色のおもしろさを実感。出来栄えに納得のようです


人工芝のグラウンドでは、子どもたちが伸び伸びとフットサルを楽しんでいました


好奇心をくすぐる授業の数々。注目は数学・理科のプログラム

 体験授業は、英語を含めた主要5教科に加え、フラッグフットボールを楽しむ体育、ハンカチを藍染めする美術、テーブルタップを作る技術といった教科の授業も行われました。いずれも楽しく参加できるように工夫が凝らされ、子どもたちの好奇心をくすぐっていました。そのなかでも注目は、数学や理科のプログラムです。


ヤジロベーを使った数学の体験授業では、班に分かれて考察。みんなで活発に意見を出し合います

 同校の場合、もともと理工系の大学の付属校だったこともあって、数学や理科の授業に引かれて入学を希望する受験生も少なくありません。実際、卒業生の約6割が理系の学部に進学しています。そうした事情も反映してか、この2教科は、さまざまな実験が用意されていました。

 たとえば、数学のプログラムは全部で4種類。折り紙の技術を応用し、何枚もの紙を折り重ねて立体図形を作るもの、ヤジロベーを用いて重さの釣り合いから図形の計量問題を考えるもの、三角定規とストローを組み合わせて即席の測量器を作成し、それを使って校舎の高さを計測するもの、フラクタルと呼ばれる美しい模様を描くプログラムの4つです。いずれも頭で考えるだけではなく、実験器具や物に直接触って考察させる授業です。どの教室からも、子どもたちの活発な意見が飛び交っていました。


化学実験室では、実験によって取り出した葉脈を、しおりにする授業が行われていました

 理科は、物理、化学、生物のそれぞれの実験室で授業が行われました。物理実験室で扱ったテーマは静電気。バンデグラフ起電機を使って静電気の特性を学びました。化学実験室では葉脈標本の実験でしおりを作りました。水酸化ナトリウムを水に溶かして水溶液を作り、この水溶液に葉を入れて加熱すると、葉肉が溶けて葉脈だけが残ります。在校生の指導もあって、みんな上手にできた様子。オリジナルのしおりに満足していました。そして、生物実験室では、顕微鏡などを使って、ウミホタルを観察しました。たった3ミリの小さなからだから、まばゆい光を放つウミホタルの姿を興味津々で見る子どもたち。「すごい! きれい!」と歓声を上げて喜ぶ姿が印象的でした。

 一方、付き添いで訪れた保護者の方たちは、体験授業の間、ホールで行われた説明会に参加しました。説明会の幕開けは、吹奏楽部による演奏です。それに続いて同校の教育内容、学校生活、大学進学実績が紹介されるなど、説明はおよそ1時間にわたって行われました。最後に、体育祭の応援合戦で優勝した応援団が、保護者の方に向けてエールを送ります。「ご自身の体も大切にしながら、お子さんを支えてください」といったメッセージを受け取った保護者の方たち。心温まる在校生のエールに感激した方も少なくないのではないでしょうか。


この日はカフェテリアも営業。体験授業後、食券を買い求める来場者の行列ができていました


説明会を締めくくるのは、在校生による応援。受験生を支える保護者の方々に向けて、エールを送ります


物理実験室で、静電気の特性を学んだ受験生たち。ていねいな解説によって、十分に理解した様子です


《学校のプロフィール》

東京都市大学付属中学校・高等学校

●所在地 〒157-8560 東京都世田谷区成城1-13-1
●交 通 小田急線「成城学園前」駅より徒歩10分、東急田園都市線「二子玉川」駅より成城学園前行きバス約20分
●電 話 03-3415-0104
●H P http://www.tcu-jsh.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

《平成28年度 各種行事日程のお知らせ》

●学校説明会(1) ※オープンスクール同時開催
 6 月19日(日) 9:00~12:30
学校説明、体験授業、クラブ活動体験、施設案内、個別相談
●学校説明会(2)
 9 月11日(日) 10:00~12:30
学校説明、施設案内、個別相談
●イブニング説明会
 7 月20日(水) 18:30~20:00
12月16日(金) 18:30~20:00
学校説明、施設案内、個別相談
●帰国生&グローバル入試説明会
 7 月27日(水) 10:00~12:00
学校説明、施設案内、個別相談
●入試説明会(1) ※過去問チャレンジ同時開催
11月20日(日) 10:00~12:30
学校説明、入試教科からのアドバイス(国算社理)、平成29年度入試概要、クラブ紹介・在校生による学校紹介、過去問チャレンジ(6年生対象・要予約)、施設案内、個別相談
●入試説明会(2)
 1 月8日(日) 10:00~12:30
学校説明、入試教科からのアドバイス(国算社理)、平成29年度入試概要(手続きおよび受験上の注意)、在校生・保護者からの受験アドバイス、施設案内、個別相談
●土曜ミニ説明会 10:00〜11:30(説明会、授業見学、施設案内、個別相談)
6月25日(土)、 9月3日(土)、 9月24日(土)、10月15日(土)
10月29日(土)、12月 3日(土)、 1月14日(土)、 1月21日(土)

※上記日程はすべて要予約となっております。

※学校説明会は学校生活の話題が、入試説明会は入試の話題が、それぞれ中心となります。

※説明会はそれぞれ2回ずつ期日を設けておりますが、内容は基本的に同じです。すべての説明会で、帰国生&グローバル入試の説明会を実施します。

※個別の学校ご案内は随時受け付けております。事前に電話で日時をご予約ください。

●柏苑祭(学園祭)
10月 1 日(土)・ 2 日(日)  10:00~16:00 (個別相談コーナーあり)

※詳細、ご予約については、学校HPにてご確認ください。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ