受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

SCHOOL LIVE! スクールライブ!

(2016年08月公開)

大妻中野中学校・高等学校/最先端のICT教育ときめ細かい学習指導を実践
グローバル社会の一線で活躍できる女性を育成

 大妻中野中学校・高等学校は、「学芸を修めて人類のために」を建学の精神に掲げ、社会貢献できる女性の育成をめざしています。2013年の新校舎完成時から全教室に電子黒板を完備しており、ICTを活用した密度の濃い授業を展開する同校では、今年度より1人1台のタブレット端末を使用した相互学習を開始。2020年度からの大学入試改革を見据えて、21世紀型のアクティブ・ラーニングを推進しています。

国際色豊かな環境の下、 グローバルリーダーの資質を養う

Nixon先生が担当するGLC(αクラス)の英語の授業では、日常的によく使われる英語表現についてディスカッションをしていました  2015年度、文部科学省のスーパーグローバルハイスクールのアソシエイト校に認定された大妻中野中学校・高等学校は、2016年度より英語に強い関心を持つ国内生と帰国生を対象とした「グローバルリーダーズコース(GLC)」を新設しました。これにより、従来の、AO入試も視野に入れて大妻女子大その他の大学進学に対応する「コアコース」、国公立大学・難関大学受験をめざす「アドバンストコース」に国際社会へと視野を広げるGLCが加わったことにより、生徒一人ひとりが「めざしたい未来」を実現できるよう、充実した学習システムを構築しています。

 帰国生入試の導入から15年目を迎えた現在、海外30以上の国と地域からの帰国生が約170名在籍する同校には、帰国生がもたらす多様性が校風として根づいています。今年度、35名の中1生が入学したGLCでは、国内のスーパーグローバル・ユニバーシティー(SGU)や海外大学への進学を見据えたハイレベルな教育を展開。週6時間の英語の授業は習熟度別にクラスを分割して行います。All Englishの授業形態でネイティブ教員によるプロジェクト型学習(週4時間)、日本人教員によるライティングの授業が週2時間あるほか、数学の授業でも英文で書かれたテキストを使用します。さらに、理科・社会の授業でも英文教材を積極的に取り入れています。 また、GLCではフランス語を必修とし、中学は週1時間、高校は週2時間の授業を通して英語圏とは異なる文化に触れます。さらに中2のカナダ体験学習に始まり、各学年で設定される多種多様な海外短期留学、SGU留学生との英語セッションなど、実践の場も用意されています。コアコース・アドバンストコースで入学した生徒も、同様のSGHアソシエイト・プログラムで英語力を鍛えていくため、中3以降、希望によりGLCへクラスの移動も可能です。

授業と家庭学習にICTを活用 学ぶ意欲を高め、希望進路の実現へ

 同校では2013年の新校舎完成に合わせて、すべての教室に電子黒板を完備し、ICT教育を積極的に実践してきました。2016年度より中1から高1までの生徒全員がタブレット端末を所有し、新しいスタイルの双方向型授業が行われています。

 中1を例に挙げると、数学は週4コマのうち1コマはタブレット端末を使って演習を行います。まず、「ロイロノート」というアプリを立ち上げ、先生は問題が書かれたカードをクラス全員に送信。生徒が画面上で問題を解き、先生に返信すると、その解答が電子黒板に表示されるという仕組みです。この「ロイロノート」は数学に限らず、すべての教科で活用され、提出されたカードを使って発表をしたり、クラスメートのカードと比較しながら議論を深めたりと、質の高いアクティブ・ラーニングが展開されています。数学科の髙村亮先生は、「指名された生徒だけが黒板に解答を書いたり、ノートに解答を書かせて生徒を当てたりする従来の方法で指導していたところよりも、タブレットを使うことで生徒の学習意欲が向上したと思います。学習効率も上がり、授業時間内で取り組む問題量も増えましたし、フォローが必要な生徒への対応もスピーディーになりました」と、タブレットの利点について説明しました。

 英語科では、タブレットを使った英会話レッスンを週1回実施しています。教室とフィリピン・セブ島をWi-Fiネットワークでつなぎ、現地のネイティブスピーカーと数十分間、1対1で話すため、実践的な英語コミュニケーション力が鍛えられます。このほか、家庭学習にもタブレットが取り入れられており、生徒たちは学習アプリを使いこなしながら復習や応用問題の学習に取り組んでいます。

 このように、タブレットを用いることで、埋没してしまいがちな大人しい生徒からも意見を拾うことができ、クラス全員の答えや意見を元に思考を深めるなど、より充実した教育を実現しています。大妻教育の伝統である「ていねいな学習指導」が、最新のICT技術を用いた教育プログラムによって、ますます現代に即した形で展開されています。伝統をベースとした最先端の学びが、生徒の意欲を引き出し、多様な夢の実現をサポートしています。

この日の数学(中1)は、演習問題にチャレンジ! 答え合わせもタブレット上で行います 「みんなの答えはどうかな」。生徒たちの答えを比べながら、より良い解き方を全員で考えます 最大40名が同時に受講できるオンライン英会話レッスン。ネイティブスピーカーと1対1で会話し、listeningスキルとspeakingスキルを鍛えます
タブレットを用いる国語の授業では、タッチペンで解答を書き込み、書く力への対応も重視します 木坂涼の詩「魚と空」を読み、使われている比喩表現についてクラス全員で議論を深めます 画面の向こうにいるネイティブの先生に自分の話す英語が通じると、生徒の「表現力を磨きたい」という意欲がますます高まります

《学校のプロフィール》

大妻中野中学校・高等学校

●所在地 〒164-0002 東京都中野区上高田2-3-7
●交 通 JR・東京メトロ東西線「中野」駅から徒歩10分、西武新宿線「新井薬師前」駅より徒歩8分
●電 話 03-3389-7211
●H P http://www.otsumanakano.ac.jp 別ウィンドウが開きます。

《2016年度 各種行事日程のお知らせ》

●学校説明会※予約不要
  9月10日(土)10:15~
10月15日(土)10:15~
●入試問題説明会※予約不要 ※6年生対象

11月19日(土)10:15~
12月10日(土)10:15~
  1月6日(金)9:30~ ※入試体験あり

●アフターアワーズ説明会※予約不要
10月7日(金) 19:00~
11月18日(金) 19:00~
●海外帰国生入試・グローバル入試説明会※予約不要

  9月10日(土) 14:00~
10月15日(土) 14:00~

●オープンデー(学校公開日)※予約不要 ※ミニ説明会あり

11月27日(日)10:00~15:30

●秋桜祭(文化祭)※個別相談コーナーあり

  9月24日(土) 11:00~16:00
  9月25日(日) 9:30~16:00

※上記説明会のほか、通年で毎週土曜日は14:00、長期休業中は10:00と14:00に学校見学会を行っています。希望される方は電話(03-3389-7211)でお申し込みください。
※詳細はHPにてご確認ください。


◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ