受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

スクール情報

(2014年10月公開)

本郷中学校・高等学校  本郷祭 9月20日(土)・21日(日)

自由で独創的、本郷らしさが伝わるイベント


初日は曇り空で、午後からは雨の予報でした。それでも来場者が途切れることはありません

 最寄りのJR山手線・都営地下鉄線「巣鴨」駅より徒歩約3分。好調な進学実績と文武両道で知られる本郷中学校・高等学校の校門に着きます。入り口でパンフレットを受け取って構内に入ると、すぐ右手のグラウンドでは高校サッカー部による学年別の対抗戦が行われていました。本郷では、文化部とともに運動部の活動も盛んで、取材に訪れた20日には、バレーボール部の招待試合が行われ、翌日には中学のサッカー部、卓球部のほか、高校のラグビー部やバドミントン部などの招待試合も組まれていました。


ESS部は狂言「棒縛り」を英語で披露。長いせりふをこなす英語力とユーモラスな演技に、盛んに拍手が送られました

 グラウンドの先には今年2月に竣工した1000人収容の大講堂を備えた2号館が。これを右手に見ながら進むと、「いらっしゃ~い。 おいしいですよ!」と、元気のいい呼び込みの声が聞こえてきます。ラーメンやフライドポテトなどの食べ物や飲み物の模擬店が軒を連ねる「本郷市」です。主にクラブ単位で出店しており、部費の獲得をめざしてどの店も気合が入っています。本物の屋台さながらの出店は、本郷祭を大いに盛り上げます。

 企画・催し物は、それぞれ工夫を凝らした中高の各クラス企画のほか、炎や空気の振動をテーマに実験を行う科学部、株取引ゲームを通じて株価の仕組みが学べる社会部、英語で狂言「棒縛り」を演じるESS部など、部活動企画も見応えのあるものが並んでいます。

 また、生徒たちが製作した、小型ホバークラフトに乗れるコーナーや、空力翼艇(紙飛行機)を作って飛ばすコーナーには、順番を待つ小学生たちの長い列ができていました。


建物に囲まれた中庭で開かれた本郷市。多くの来場者でにぎわいました


ごみの分別を呼びかける美化委員。ふだんは清掃活動のほか、エコキャップ運動などに取り組んでいます


難しい用語はわからなくても実験なら大丈夫。さまざまな現象に興味津々な小学生

本郷生のひたむきなパワーを感じる企画がめじろ押し


グラウンドや体育館では他校を招いての招待試合や部内対抗戦が行われました

 今年の本郷祭のキャッチフレーズは「つぶやくな、叫ぼうじゃねえか!」。そのテーマを象徴するかのような、若きパワーあふれる「朝から生討論」「大相撲本郷場所」「歌ウマ選手権」「本郷アイドルコンテスト」など、本郷らしい自由で独創的なイベントが数多く見られました。

 視聴覚大教室では生徒会企画として、映像を使って生徒自身が学校や先生方を、ユーモアを交えながら紹介。こうした企画からも、自由で伸び伸びとした校風が伝わってきます。

 また、「三校合同企画」という、同じ私立男子校の海城高校と成城高校とコラボレーションした企画も。これは海城祭もしくは成城祭の文化祭パンフレットを受付で提示すると、もれなく三校記念グッズがもらえるという企画です。プレゼントをもらって喜ぶ男子小学生の姿も見られました。

本郷出身の大先輩、三遊亭貴楽氏の独演会。
「昔の本郷は―」の思い出話に会場は笑いの渦に

 このほか、今年から初めて、地元の巣鴨の人気商品を販売する「出張版 巣鴨地蔵通り商店街」と題した新企画も。売れ筋は、地元で人気のアンパンやクリームパンでした。

 開催当日は、青色の実行委員会のTシャツや、黄色の生徒会のTシャツを着た本郷祭のスタッフの姿が校内のあちこちで見られ、生徒主体で運営している様子がよくわかります。来場者を楽しませるだけでなく、気取らず飾らず、学びを披露しながら自分たちも楽しむ。そんな本郷生たちの思いが伝わってくるイベントでした。


日本文化部による箏(琴)や三味線の演奏。同じ会場でカナダでの海外研修の体験発表も行われました


初めての試みとして、大福や和菓子など、地元の巣鴨地蔵通り商店街の人気商品を販売


2年前から関東の水運について継続調査している歴史研究部の企画展示。保護者の方も説明に聞き入っていました

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ