受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

Booksコーナー

※お好きな本のタイトルをクリックして下さい。その本に関する内容が、表示されます。

掲載月一覧 2017年6月|2017年5月2017年4月2017年3月2017年2月2017年1月
2016年12月2016年11月2016年10月2016年9月2016年8月2016年7月
Books目次へ△

2017年5月のBooks

 今月の「先生お薦めの一冊」は、ちょっと変わったことに挑戦した人の体験談です。挑戦したのはトースターを手作りすること。それも原材料から自分で作ろうと、鉱山に鉄鉱石を採りに行ったり、身の回りの物で溶鉱炉を作ったり。事前に勉強をして情報を集めて、でもいざ行動を起こすと予想外の事態で大失敗。その連続なのですが、本人はとても楽しそうです。行動を伴った勉強の楽しさがよくわかる一冊です。勉強の気分転換に読んでみませんか。

『ナビラとマララ 「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女』

  • 宮田律=著
  • 講談社=刊
  • 定価=1,200円+税
  • 対象:小学校高学年向け

子どもたちにも知ってほしい イスラム社会で今、 何が起きているかを

注目の一冊

 2012年10月のある晴れた日、パキスタン北西部の部族地域の村で、上空を飛んでいたアメリカ軍の無人航空機、ドローンが突然、ミサイルを撃ち、ナビラ・レフマンさんの祖母は亡くなりました。ナビラさん自身も大けがをしました。ナビラさんたちはテロリストと間違えられたのです。
 ナビラさんはアメリカの議会で、部族地域でのドローン攻撃を停止するよう訴えました。でも彼女のスピーチに耳を傾けた議員はごくわずか。イスラム過激派に襲われ、後にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユースフザイさんと同じく、ナビラさんは対テロ戦争の犠牲者です。でも、マララさんのように注目されることはありませんでした。
 なぜ対テロ戦争で多くの市民が犠牲にならなくてはいけないのか。なぜ若者たちは過激派組織に入るのか。なぜいつまでも戦いが続くのか。たくさんの「なぜ」を考えるには、イスラム社会と欧米諸国との関係の歴史、パキスタン部族地域の社会の実態などを知らなくてはなりません。物事にはいろいろな側面があるのです。そのことを小学生であっても知ってほしいという願いを込めて、イスラム研究の第一人者が、平易な文章で解説しています。
 どうしたら戦いを終わらせることができるのでしょうか。ナビラさんもマララさんも著者も、「解決の鍵は教育にある」と言います。教育によって自分とは違う多様な価値観があることを知ること、そして、それを受け入れる寛容性を持つことが必要であると強く訴えます。

『白い花びら』

  • やえがしなおこ=文
  • 佐竹美保=絵
  • 岩崎書店=刊
  • 定価=1,600円+税

  • 対象:小学校低学年向け

花びらが舞う中で 少女の声が聞こえた 「また会おうね」

 ある日見つけた、住宅街から林の中へ続く道。ゆうたとかずきが探検気分で歩いていくと、突然目の前が開け、広い野原に出ました。かずきがどんどん先を行くので、1人取り残されたゆうたは、そこで不思議な少女に出会います。少女は桜の木の前で、林に向かって話し掛けていました。「やっと春が来たね」と。ゆうたが見ていると、少女は急に振り返ってにこりとしました。
 木や草花に魂が宿って人を助けてくれる、そんな昔話の世界を思わせる幻想的な物語です。少女はどこから来たのか、何をしていたのか、自由に想像の翼を広げて読んでください。3年生の教科書にも載っているお話です。

『エリック・カールの イソップものがたり』

  • エリック・カール=再話・絵
  • 木坂涼=訳
  • 偕成社=刊
  • 定価=1,300円+税

  • 対象:小学校低学年向け

おなじみの物語も 作者の手にかかれば こんなにカラフル!

 夏の間、バイオリンを弾いて楽しく過ごしていたキリギリス。一方、夏の間、一生懸命に働いて、冬に備えて食べ物を蓄えていたアリ。やがて冬が来て、キリギリスは食べ物がなくて困ってしまいます。でも最後はアリとキリギリスがパーティーを開いて、みんなで楽しく過ごしたのでした…。
 ちょっと変わったこの「アリとキリギリス」は、『はらぺこあおむし』で知られる作者が再話して絵をつけたもの。作者流の味付けも楽しいですが、最大の魅力はコラージュの手法を用いた色あざやかな絵です。絵だけを見ていても想像が膨らみます。「ウサギとカメ」「ライオンとネズミ」「カエルとウシ」など、おなじみの全11話を収録。

『キャプテン 君は何かができる』

  • 成島悦雄=監修
  • ポプラ社=刊
  • 定価=2,000円+税

  • 対象:小学校低学年・小学校中学年・小学校高学年向け

見た目の強さだけが 生き伸びる力じゃない 強さの秘密を探る大図鑑

 最強の生物とは何だと思いますか。どんな獲物でも倒してしまうライオン? 確かに表紙はライオンですが、表紙を開くと扉を飾っているのは、灰色の不思議な形をした生き物です。これはクマムシ。体長1ミリ以下のこの生物がなぜ最強なのかは、ぜひ本書のなかで確かめてください。
 地球上の生物は、厳しい生存競争に勝って命をつないできたという意味ではみんな最強です。そのなかから特に最強の52種の生物を攻撃力、体のつくり、繁殖力、生存力の四つのテーマ別に紹介。最強ポイントのほか、生態や特殊な能力、仲間の生物なども取り上げています。人間にはとてもまねできないくらしぶりは、驚きの連続です。

『夏の猫』

  • 北森ちえ=作
  • 国土社=刊
  • 定価=1,300円+税
  • 対象:小学校中学年・小学校高学年向け

好きなことって何? 将来の夢って何? きみは答えられる?

 同い年のいとこと一緒に、夏休みを祖父の家で過ごすことになった5年生の「海」。午前中は母の妹のなっちゃんに勉強を見てもらい、午後は山や海で遊ぶというのが2人のスケジュールです。浪人中のなっちゃんとの勉強は、実験をしたり数字ゲームをしたりと楽しいことばかり。ところがある日、なっちゃんに「わたしは心の病気なんだ」と言われて海は戸惑うのでした。
 「好きなことがあるのに、正面から挑戦できない」ということもあるものです。「海の好きなものって何?」となっちゃんに聞かれてどきっとする海。瀬戸内の町で過ごすひと夏の出来事を通して、新しい一歩を踏み出していく少年たちの姿を描きます。

『iPS細胞を発見! 山中伸弥物語』

  • 上坂和美=著
  • PHP研究所=刊
  • 定価=1,400円+税
  • 対象:小学校高学年向け

失敗なくして成功はない 大切なのは あきらめない姿勢

 2012年にノーベル医学・生理学賞を受賞した山中伸弥さんは、中高時代に柔道に打ち込んでいたことから、初めはスポーツ専門の整形外科医をめざしていました。ところが研修医になると、叱られてばかりで、自信をなくしてしまいます。そこで、病気の治療法を研究する研究者になろうと決意しますが、研究者になってからも失敗と挫折の連続でした。
 およそ3万個もある遺伝子。そのなかのどれがどんなはたらきをするのかを、地道な実験を通して解明していくのが遺伝子研究の世界です。iPS細胞を開発した山中さんのあきらめない生き方を通して、研究への熱い思いが伝わってきます。

『ゼロからトースターを作ってみた結果』

  • トーマス・トウェイツ=著
  • 村井理子=訳
  • 新潮社=刊
  • 定価=750円+税

勉強で大切なのは 好奇心を持つこと、そして 自分で実践してみること


茅ヶ崎校 校舎責任者
榑松 郁磨 先生

 毎日、わたしたちはいろいろなものを使って生活しています。すべて誰かが作ったものですが、ふだんあまり、そうしたことは考えずに使っていると思います。でも、ものを作るのはとても大変なこと。その一端をこの本は見せてくれます。
 アート系の大学院生である著者は、トースターをまったくのゼロから作ろうと考えます。自分で鉱山に行って鉱石を採ってきて、それで鉄や銅線を作るところから始めようというのです。そのためにいろいろなことを調べます。また、さまざまな人に会って、自分が何をしたいかを相手に伝える努力をして、協力を仰ぎます。理科の知識も必要ですが、コミュニケーション力や説得力もフルに使っています。
 彼は10万円以上ものお金をかけて、とても苦労してトースターを作ります。でもお店に行けば、トースターは安いものなら1000円ぐらいで買うことができます。この安さは、環境など、いろいろなものを犠牲にして成り立っていることに彼は気がつきます。誰だって安いほうがいいし、便利なほうがいいと認めつつ、現実のなかで何ができるかを考えようとします。それはとても大切なことだと思います。
 読みやすく、親しみやすい文章なので、小学生でも高学年なら楽しく読めると思います。勉強とはただ座って知識を詰め込むだけではなく、社会とのつながりを意識することが大切。だからといって、みんながトースターを作る必要はありませんが、自分が興味・関心があることを考え、探し、またそれを継続していくのが学問だと思います。好奇心がなければ勉強は続けられません。まずは大学院生の著者が実践したことをおもしろがって読んでください。そして、中学や高校、大学に行って何をどう学ぶのか。学校で何かを学ぶことの意味を、少しでも考えてもらえたらいいなと思います。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ