受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

サピックスecoクラブ 江戸時代のえこ事情 季刊

サピックスecoクラブ 江戸時代のえこ事情 季刊 着物

むだなく布を使う

皆さんは着物を着たことがありますか? 七五三やお祭りで着たという人も多いでしょう。着物は洋服に比べると、着るのに時間がかかり、動きづらいこともありますが、実はエコな衣服だともいえます。どのようなところがエコなのか見てみましょう。


もんきち わぁ師匠、涼しそうだね!

えころじ師匠 夏だからな、浴衣を着てみた。
もんた 浴衣もそうだけど、着物って着るのがちょっと面倒だなって思います。
えころじ師匠 慣れないとそう感じるのかもしれんなぁ。しか〜し、エコなところがたくさんある。
もんた え、着物が!?
えころじ師匠 まず作るところからだ。反物という長方形の布を下の絵のように裁っていく。

反物の裁ち方

もんきち 「裁つ」ってなーに?

着物の各部の名前

えころじ師匠 布を寸法どおりに切ることを、「裁つ」というのだよ。
もんきち へえー、元は長さが12メートルの布なんだ。それにしても、ぴしりと真っすぐだね!
えころじ師匠 そう、すべての部分が四角になるように、直線に布を裁つ。だから捨てる部分がほとんどない。裁った布を縫い合わせると、着物ができるというわけだ。
もんた むだがないのはいいですねぇ。
えころじ師匠 そして、成長や体型の変化に合わせることができるのも、着物のエコなところの一つ。着物は布を体に巻いてひもや帯で結ぶだけだから、丈(長さ)と胴回りを調節できる。
もんきち いいね、太ってもやせても着られる!
えころじ師匠 ほかにも、幼い子どもには肩上げをした。

肩上げをした着物を
  着る子ども

もんた 肩上げってなんですか?
えころじ師匠 肩の辺りの布を内側に折って縫い、そでを短くすることを肩上げと呼ぶ。大きめの着物であったとしても、肩上げをすることで、そのときの肩幅や手の長さに合った着物になる。成長して体が大きくなったら、肩上げの部分の糸をほどけばよいというわけだ。
もんた それなら、成長しても着物を買い替える必要がないし、1枚の着物を長く使えますね。
えころじ師匠 また、着物は数年に一度縫い目をすべてほどき、布をばらばらにしてていねいに洗うことで、新品のようになった。
もんきち ふ〜ん、そんなことができるんだ。
えころじ師匠 洗濯の後は、布を縫い合わせて仕立て直すわけだが、そのときに生地が傷んでいる部分とそうでない部分を入れ替えた。こうすれば、生地の同じ箇所ばかりが傷むことがなくなるから、着物の寿命が長くなる。
もんきち そこまでするなら、新しいものを買ったらいいのに。
えころじ師匠 そうはいかん。布は貴重だったからな。まず、布の原料となる、綿や麻などの植物を栽培したり、まゆをとるためにカイコを育てたりしなければならない。そして、綿の実やカイコのまゆから糸を紡ぐのも、それを織物にするのもすべて手作業。このように、大変な手間がかかる。
もんた そうかぁ、だったら着物を何度も買い替えるわけにはいきませんね。
えころじ師匠 さよう、だから大事にしたのだ。長年使われ柔らかくなった生地は、寝間着として再使用された。その後は縫い目をほどいておむつに。おむつにも使えなくなると、ぞうきんとして使った。
もんきち もともと着物の布は四角いから、おむつにもぞうきんにもばっちりだ!
もんた 着物のこと見直しちゃったなぁ。

つま

着物をたたむときに、つまを合わせる

つじ

前に言ったことと後に言ったことが合わない、話の筋道が通らないことを表す「つじつまが合わない」ということばがあります。「つじつま」の「つじ」は縫い目の十字の部分のことで、「つま」は着物の左右の端を表すことばです。縫い目はきちんと交わるはずですし、つまも左右は重なり合うはずです。合うはずのものが合わないことから、このような意味になったと考えられています。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2018スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ