受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

Booksコーナー

Booksコーナー・インデックス

※タイトルの先頭に“”が付いているものは、「先生お薦めの一冊」で、“”は「注目の一冊」です。

※対象欄の「低学年向け」、「中学年向け」、「高学年向け」とはそれぞれ「小学校低学年向け」、「小学校中学年向け」、「小学校高学年向け」です。

掲載年月 タイトル 著者/その他 定価 対象
2021.11 『ぼくらのスクープ』 赤羽じゅんこ=作
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.11 『ヘレーじいさんのうた』 肥田美代子=文
小泉るみ子=絵
文研出版=刊
定価=1,430円(税込) 幼児向け
低学年向け
2021.11 『はじめての夏とキセキのたまご』 麻生かづこ=作
酒井以=絵
ポプラ社=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.11 『ゴリラのきずな 京都市動物園のゴリラファミリー観察記』 長尾充徳=著
山極壽一=解説
くもん出版=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.11 『キラリモンスター ちょっと変わった偉人伝』 小川凛一=著
大野太郎=絵
砂田智香=デザイン
大和書房=刊
定価=1,650円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.11 『空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる天気の図鑑』 荒木健太郎=著
KADOKAWA=刊
定価=1,375円(税込) 高学年向け
2021.11 『鬼の橋』 伊藤遊=作
太田大八=画
福音館書店=刊
定価=825円(税込)
2021.10 『こどもサピエンス史 生命の始まりからAIまで』 ベングト=エリック・エングホルム=著
ヨンナ・ビョルンシェーナ=絵
久山葉子=訳
NHK出版=刊
定価=1,980円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.10 『あっぱれ! どぐうちゃん』 堀切リエ=文
長谷川知子=絵
ポプラ=刊
定価=1,650円(税込) 低学年向け
2021.10 『先生、感想文、書けません!』 山本悦子=作
佐藤真紀子=絵
童心社=刊
定価=1,320円(税込) 低学年向け
中学年向け
2021.10 『難民選手団 オリンピックを目指した7人のストーリー』 杉田七重=文
国連UNHCR協会=監修
ちーこ=絵
KADOKAWA=刊
定価=792円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.10 『スウィートホーム わたしのおうち』 花里真希=作
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2021.10 『「自分らしさ」と日本語』 中村桃子=著
筑摩書房=刊
定価=946円(税込) 高学年向け
一般向け
2021.10 『こころ彩る徒然草 兼好さんと、お茶をいっぷく』 木村耕一=著
黒澤葵=イラスト
1万年堂出版
定価=1,650円(税込)
2021.09 『チバニアン誕生』 岡田誠=著
ポプラ社=刊
定価=1,650円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.09 『ホタルイカは青く光る』 阿部秀樹=写真と文
小学館=刊
定価=1,430円(税込) 低学年向け
中学年向け
2021.09 『バトン』 中川なをみ=作
大野八生=画
くもん出版=刊
定価=1,430円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.09 『千曲川はんらん 希望のりんごたち』 いぶき彰吾=文
文研出版=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.09 『火星は…』 スザンヌ・スレード=文
千葉茂樹=訳
三河内岳=監修
あすなろ書房=刊
定価=1,980円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.09 『海を見た日』 M・G・ヘネシー=作
杉田七重=訳
鈴木出版=刊
定価=1,760円(税込) 高学年向け
2021.09 『いじめのある世界に生きる君たちへ ─いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉』 中井久夫=著
中央公論新社=刊
定価=1,320円(税込)
2021.08 『聞かせて、おじいちゃん ─原爆の語り部・森政忠雄さんの決意』 横田明子=著
山田朗=監修
国土社=刊
定価=1,650円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.08 『うまれてそだつ わたしたちのDNAといでん』 ニコラ・デイビス=文
エミリー・サットン=絵
越智典子=訳
斎藤成也=監修
ゴブリン書房=刊
定価=1,650円(税込) 幼児向け
低学年向け
2021.08 『食虫植物ジャングル』 萩原弓佳=作
十々夜=絵
文研出版=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.08 『りんごの木を植えて』 大谷美和子=作
白石ゆか=絵
ポプラ社=刊
定価=1,650円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.08 『5文字で百人一首』 すとうけんたろう=著・イラスト
講談社=刊
定価=1,430円(税込) 中学年向け
高学年向け
一般向け
2021.08 『今読みたい太宰治私小説集』 太宰治=作
小学館=刊
定価=770円(税込) 高学年向け
一般向け
2021.08 『生きづらい明治社会 ー不安と競争の時代』 松沢裕作=著
岩波書店=刊
定価=880円(税込)
2021.07 『ぼくはおじいちゃんと戦争した』 ロバート・K・スミス=著
こだまともこ=訳
あすなろ書房=刊
定価=1,320円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.07 『でんしゃとしょかん』 深山さくら=文
はせがわ かこ=絵
文研出版=刊
定価=1,430円(税込) 幼児向け
2021.07 『エナジが紹介 エネルギーの仲間たち』 ジョセフ・ミッドサン=作
サミュエル・ヒーティー=絵
羽村大雅=訳
くもん出版=刊
定価=1,650円(税込) 低学年向け
2021.07 『神さまの通り道 スサノオさんキレてるんですけど』 村上しいこ=作
柴田ゆう=絵
偕成社=刊
定価=1,320円(税込) 中学年向け
2021.07 『クルミ先生とまちがえたくないわたし』 令丈ヒロ子=作
雛川まつり=絵
ポプラ社=刊
定価=1,430円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.07 『平安男子の元気な! 生活』 川村裕子=著
岩波書店=刊
定価=968円(税込) 高学年向け
2021.07 『WHAT IS LIFE? 生命とは何か』 ポール・ナース=著
竹内薫=訳
ダイヤモンド社=刊
定価=1,870円(税込)
2021.06 『地球のことをおしえてあげる』 ソフィー・ブラッコール=作・絵
横山和江=訳
すずき出版=刊
定価=1,760円(税込) 低学年向け
中学年向け
2021.06 『すきなこと にがてなこと』 新井洋行=作
嶽まいこ=絵
くもん出版=刊
定価=1,540円(税込) 幼児向け
低学年向け
2021.06 『サイコーの通知表』 工藤純子=作
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.06 『わたしの気になるあの子』 朝比奈蓉子=作
水元さきの=絵
ポプラ社=刊
定価=1,540円(税込 中学年向け
高学年向け
2021.06 『青の読み手』 小森香折=作
平澤朋子=絵
偕成社=刊
定価=1,650円(税込) 高学年向け
2021.06 『未来への授業』 和田孫博=著
新星出版社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2021.06 『アリになった数学者』 森田真生=文
脇阪克二=絵
福音館書店=刊
定価=1,430円(税込)
2021.5 『夜叉神川』 安東みきえ=作
田中千智=画
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2021.5 『さいがいで かつやくする くるま』 こわせもりやす=作・絵
偕成社=刊
定価=1,320円(税込) 幼児向け
2021.5 『クマとこぐまのコンサート』 デイビッド・リッチフィールド=作
俵万智=訳
ポプラ社=刊
定価=1,540円(税込) 幼児向け
低学年向け
2021.5 『アテルイ 坂上田村麻呂と交えたエミシの勇士』 おおぎやなぎちか=作
江頭大樹=絵
くもん出版=刊
定価=1,650円(税込) 高学年向け
2021.5 『値段がわかれば社会がわかる はじめての経済学』 徳田賢二=著
筑摩書房=刊
定価=902円(税込) 高学年向け
一般向け
2021.5 『AI時代に生きる数学力の鍛え方 思考力を高める学びとは』 芳沢光雄=著
東洋経済新報社=刊
定価=1,980円(税込) 保護者向け
2021.5 『この形にはワケがある! ゆかいな実験器具図鑑 ビーカーくんとそのなかまたち』 うえたに夫婦=著
誠文堂新光社=刊
定価=1,650円(税込)
2021.4 『ベランダに手をふって』 葉山エミ=作
植田たてり=絵
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.4 『絵で見る統計 世界の国ぐに』 ミレイア・トリウス=文
ジョアナ・カザルス=絵
宇野和美・中山映=訳
あすなろ書房=刊
定価=2,750円(税込) 低学年向け
中学年向け
2021.4 『フクシマ 2011年3月11日から変わったくらし』 内堀タケシ=写真・文
国土社=刊
定価=1,980円(税込) 低学年向け
中学年向け
高学年向け
2021.4 『大坂城のシロ』 あんずゆき=作
中川学=絵
くもん出版=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.4 『星明かり』 熊谷千世子=作
宮尾和孝=絵
文研出版=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2021.4 『子どもをキッチンに入れよう!』 藤野恵美=著
ポプラ社=刊
定価=1,650円(税込) 保護者向け
2021.4 『枕草子』 角川書店=編
KADOKAWA=刊
定価=748円(税込)
2021.3 『カラスのいいぶん 人と生きることをえらんだ鳥』 嶋田泰子=著
岡本順=絵
童心社=刊
定価=1,320円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.3 『おにの おふろや』 苅田澄子=作
りとうようい=絵
鈴木出版=刊
定価=1,540円(税込) 幼児向け
低学年向け
2021.3 『ぼくはケンちゃん』 はしもとえつよ=作
偕成社=刊
定価=1,430円(税込) 幼児向け
低学年向け
2021.3 『トップラン』 つげみさお=作
森川泉=絵
国土社=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.3 『おはなしSDGs ジェンダー平等を実現しよう すし屋のすてきな春原さん』 戸森しるこ=作
しんやゆう子=絵
講談社=刊
定価=1,485円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.3 『エカシの森と子馬のポンコ』 加藤多一=作
大野八生=絵
ポプラ社=刊
定価=1,760円(税込) 高学年向け
2021.3 『ガリガリ君ができるまで』 岩貞るみこ=文
黒須高嶺=絵
講談社=刊
定価=1,540円(税込)
2021.2 『ひかりの森のフクロウ』 広瀬寿子=作
すがわらけいこ=絵
国土社=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
2021.2 『くまのこのるうくんと おばけのこ』 東直子=作
吉田尚令=絵
くもん出版=刊
定価=1,320円(税込) 幼児向け
低学年向け
2021.2 『なぞなぞのにわ』 石津ちひろ=なぞなぞ
中上あゆみ=絵
偕成社=刊
定価=1,320円(税込) 幼児向け
低学年向け
2021.2 『小学館の図鑑NEO+ 分解する図鑑』 監修・指導=森下信
監修・指導=石井克枝
監修協力=水野仁輔
小学館=刊
定価=1,990円(税込) 低学年向け
中学年向け
高学年向け
2021.2 『ライラックのワンピース』 小川雅子=作
めばち=絵
ポプラ社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2021.2 『エリーゼさんをさがして』 梨屋アリエ=作
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2021.2 『夢中になる! 江戸の数学』 桜井進=著
集英社=刊
定価=528円(税込)
2021.1 『神様のパッチワーク』 山本悦子=作
佐藤真紀子=絵
ポプラ社=刊
定価=1,430円(税込) 中学年向け
2021.1 『せとうちたいこさん ふじさんのぼりタイ』 長野ヒデ子=作
童心社=刊
定価=1,430円(税込) 幼児向け
低学年向け
2021.1 『アルマの名前がながいわけ』 フアナ・マルティネス-ニール=作
宇野和美=訳
ゴブリン書房=刊
定価=1,650円(税込) 幼児向け
低学年向け
2021.1 『きょうはなんの記念日? 366日じてん』 平野恵理子=著
偕成社=刊
定価=2,200円(税込) 低学年向け
中学年向け
高学年向け
2021.1 『フン虫に夢中』 いどきえり=著
中村圭一=解説
くもん出版=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.1 『てっぺんの上』 イノウエミホコ=作
スカイエマ=絵
文研出版=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2021.1 『5分でたのしむ数学50話』 エアハルト・ベーレンツ=著
鈴木直=訳
岩波書店=刊
定価=1,430円(税込)
2020.12 『父さんのことば』 パトリシア・マクラクラン=作
若林千鶴=訳
石田享子=絵
リーブル=刊
定価=1,430円(税込) 中学年向け
高学年向け
2020.12 『おとうふ2ちょう』 くろだかおる=作
たけがみたえ=絵
ポプラ社=刊
定価=1,540円(税込) 幼児向け
低学年向け
2020.12 『新装版 そらのうえ うみのそこ』 長沼毅=監修
大橋慶子=絵
303 BOOKS=刊
定価=1,650円(税込) 低学年向け
中学年向け
2020.12 『AIロボット、ひと月貸します!』 木内南緒=作
丸山ゆき=絵
岩崎書店=刊
定価=1,320円(税込) 中学年向け
2020.12 『猫町ふしぎ事件簿 猫神さまはお怒りです』 廣嶋玲子=作
森野きこり=絵
童心社=刊
定価=990円(税込) 中学年向け
高学年向け
2020.12 『星空をつくる プラネタリウム・クリエーター 大平貴之』 楠章子=作
文研出版=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2020.12 『親子で楽しむ 和算の図鑑』 谷津綱一=著
技術評論社=刊
定価=2,748円(税込)
2020.11 『ハジメテヒラク』 こまつあやこ=作
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2020.11 『せんそうがやってきた日』 ニコラ・デイビス=作
レベッカ・コッブ=絵
長友恵子=訳
すずき出版=刊
定価=1,650円(税込) 低学年向け
2020.11 『団地のコトリ』 八束澄子=作
ポプラ社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2020.11 『科学でナゾとき! わらう人体模型事件』 あさだりん=作
佐藤おどり=絵
偕成社=刊
定価=990円(税込) 高学年向け
2020.11 『10分あったら…』 ジャン=クリストフ・ティクシエ=作
ダニエル遠藤みのり=訳
森川泉=絵
文研出版=刊
定価=1,650円(税込) 高学年向け
2020.11 『あおいの世界』 花里真希=著
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2020.11 『ぼくを探しに』 シルヴァスタイン=作
倉橋由美子=訳
講談社=刊
定価=1,650円(税込)
2020.10 『未来の自分に出会える古書店』 齋藤孝=作
文藝春秋=刊
定価=1,595円(税込) 高学年向け
2020.10 『ホッキョクグマ なんきょくにいく』 まつみやけいじ=作
文研出版=刊
定価=1,430円(税込) 幼児向け
低学年向け
2020.10 『わっしょい 深川八幡 水かけ祭り』 やじまますみ=作
ポプラ社=刊
定価=1,760円(税込) 低学年向け
2020.10 『氷室のなぞと秘密基地』 中谷詩子=作
よこやまようへい=絵
国土社=刊
定価=1,430円(税込) 中学年向け
2020.10 『完司さんの戦争』 越智典子=著
偕成社=刊
定価=1,760円(税込) 高学年向け
2020.10 『じりじりの移動図書館』 廣嶋玲子、まはら三桃、濱野京子、工藤純子、菅野雪虫=作
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2020.10 『北欧式 眠くならない数学の本』 クリスティン・ダール=著
スヴェン・ノードクヴィスト=絵
枇谷玲子=訳
三省堂=刊
定価=1,540円(税込)
2020.09 『命のうた ぼくは路上で生きた 十歳の戦争孤児』 竹内早希子=著
石井勉=絵
童心社=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2020.09 『ランカ にほんにやってきたおんなのこ』 野呂きくえ=作
松成真理子=絵
偕成社=刊
定価=1,430円(税込) 低学年向け
2020.09 『つなげ! アヒルのバトン』 麦野圭=作
伊野孝行=絵
文研出版=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2020.09 『だから拙者は負けました。』 本郷和人=監修
宝島社=刊
定価=1,320円(税込) 中学年向け
高学年向け
2020.09 『ドーナツの歩道橋』 升井純子=作
ポプラ社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2020.09 『無限の中心で』 まはら三桃=作
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2020.09 『地図の物語 人類は地図で何を伝えようとしてきたのか』 アン・ルーニー=著
高作自子=訳
井田仁康=日本語版監修
日経ナショナルジオグラフィック社=刊
定価=2,970円(税込)
2020.08 『ぼくたちの緑の星』 小手鞠るい=作
童心社=刊
定価=1,430円(税込) 高学年向け
2020.08 『クラクフのりゅう』 アンヴィル奈宝子=文・絵
偕成社=刊
定価=1,430円(税込) 幼児向け
低学年向け
2020.08 『7年目のランドセル』 内堀タケシ=写真・文
国土社=刊
定価=2,200円(税込) 幼児向け
低学年向け
2020.08 『ぼくはおじいちゃんのおにいちゃん』 堀直子=作
田中六大=絵
ポプラ社=刊
定価=1,100円(税込) 低学年向け
2020.08 『保健室経由、かねやま本館。』 松素めぐり=作
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2020.08 『はずれ者が進化をつくる 生き物をめぐる個性の秘密』 稲垣栄洋=著
筑摩書房=刊
定価=880円(税込) 高学年向け
2020.08 『カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?』 松原始=著
山と溪谷社=刊
定価=1,650円(税込)
2020.07 『天邪鬼な皇子と唐の黒猫』 渡辺仙州=作
ポプラ社=刊
定価=1,650円(税込) 高学年向け
2020.07 『やねうらべやのおばけ』 しおたにまみこ=作
偕成社=刊
定価=1,320円(税込) 幼児向け
低学年向け
2020.07 『木があつまれば、なんになる?』 おおぎやなぎちか=作
マリーニ・モンティーニ=絵
あかね書房=刊
定価=1,320円(税込) 低学年向け
2020.07 『8・9・10!』 板橋雅弘=作
柴崎早智子=絵
岩崎書店=刊
定価=1,320円(税込) 中学年向け
2020.07 『博士の愛したジミな昆虫』 金子修治・鈴木紀之・安田弘法=編著
岩波書店=刊
定価=968円(税込) 高学年向け
2020.07 『21世紀の「女の子」の親たちへ 女子校の先生たちからのアドバイス』 おおたとしまさ=著
祥伝社=刊
定価=1,650円(税込) 保護者向け
2020.07 『その道のプロに聞く 生きものの持ちかた』 松橋利光=著
大和書房=刊
定価=1,650円(税込)
2020.06 『雷のあとに』 中山聖子=作
岡本よしろう=絵
文研出版=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2020.06 『紙ひこうき、きみへ』 野中柊=作
木内達朗=絵
偕成社=刊
定価=1,650円(税込) 低学年向け
2020.06 『ようこそ! ここはみんなのがっこうだよ』 アレクザーンドラ・ペンフォールド=作
スーザン・カウフマン=絵
吉上恭太=訳
すずき出版=刊
定価=1,650円(税込) 低学年向け
2020.06 『旅でみる 世の中のしくみ大図解』 リビー・ドイチュ=作
バルプリ・ケルトゥラ=絵
ポプラ社=刊
定価=2,178円(税込) 低学年向け
中学年向け
高学年向け
2020.06 『朔と新』 いとうみく=作
講談社=刊
定価=1,650円(税込) 高学年向け
2020.06 『主人公はきみだ ライツのランプをともそうよ』 中山千夏=著
出版ワークス=刊
定価=1,650円(税込) 高学年向け
2020.06 『最果てアーケード』 小川洋子=作
講談社=刊
定価=660円(税込)
2020.05 『故郷の味は海をこえて』 安田菜津紀=著・写真
ポプラ社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2020.05 『ジェンと星になったテリー』 草野あきこ=作
永島壮矢=絵
岩崎書店=刊
定価=1,100円(税込) 低学年向け
2020.05 『ピーターとオオカミ』 セルゲイ・プロコフィエフ=作
降矢なな/ペテル・ウフナール=絵
森安淳=文
偕成社=刊
定価=1,650円(税込) 低学年向け
2020.05 『わたしたちの家が火事です』 ジャネット・ウィンター=文・絵
福本友美子=訳
すずき出版=刊
定価=1,650円(税込) 低学年向け
中学年向け
2020.05 『科学の最前線を切りひらく!』 川端裕人=著
筑摩書房=刊
定価=1,034円(税込) 高学年向け
2020.05 『みつきの雪』 眞島めいり=作
牧野千穂=絵
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2020.05 『美しい幾何学』 谷克彦=著
技術評論社=刊
定価=3,278円(税込)
2020.04 『戦場の秘密図書館 ~シリアに残された希望~』 マイク・トムソン=著
小国綾子=編訳
文溪堂=刊
定価=1,650円(税込) 高学年向け
2020.04 『あおい むぎわら ぼうし』 武鹿悦子=作
土田義晴=絵
すずき出版=刊
定価=1,540円(税込) 幼児向け
低学年向け
2020.04 『はるかちゃんが、手をあげた』 服部千春=作
さとうあや=絵
童心社=刊
定価=1,100円(税込) 低学年向け
2020.04 『マンボウは上を向いてねむるのか マンボウ博士の水族館レポート』 澤井悦郎=著
ポプラ社=刊
定価=1,540円(税込) 中学年向け
高学年向け
2020.04 『地図で見る日本の地震』 山川徹=文
寒川旭=監修
偕成社=刊
定価=2,200円(税込) 中学年向け
高学年向け
2020.04 『あした、また学校で』 工藤純子=著
講談社=刊
定価=1,540円(税込) 高学年向け
2020.04 『ガラスの地球を救え 21世紀の君たちへ』 手塚治虫=著
光文社=刊
定価=528円(税込)

ページトップ このページTopへ